僕は何色でもない、佐藤潤である